Shin Takamatsu Architect and Associates Co.,Ltd. 株式会社高松伸建築設計事務所

  • Coin

暑い。サンタ・エングラシア教会にいる。アルファマ地区の東のはずれ。ドームとその肉感的なヴォリュームゆえであろう、ポルトガルのパンテオンと呼ばれているそうな。正直なことろ、本物のパンテシオンがちと気の毒ではある。とまれその妙にセクシーな姿勢に誘われて描く。頭が煮えてしまうとポルトガル人になってしまうので、木陰を捜して踏ん張る。ふと子供がふたり絵を見ている。スケッチをするといつも見られる。彼らは絵に感心しているのではない。人が路上で絵など描くということ自体が面白いのだ。僕らにはそれが可笑しい。……と、大きな方(たぶん兄)がポケットに手を突っ込んでなにやら掴み出すと、僕の開いたバッグにチョリンと投げ入れ、ふたりして走り去る。見るとコインだ……!夏、リスボンの昼下がり。僕はひと思いに死ぬ。 『陽のかたち』.筑摩書房.(1995)

一覧に戻る