Shin Takamatsu Architect and Associates Co.,Ltd. 株式会社高松伸建築設計事務所

四天王寺学園中学校

本計画は四天王寺学園小学校・四天王寺学園大学藤井寺駅前キャンパス(第一期:2009年完成)に続き中学校と 高等学校を増設する第二期工事である。 本校の理念は建学の祖・聖徳太子の「和の精神」に基づく「たくましく教養豊かな日本の新しいリーダー」を育成する小・中・高一貫教育の実践であり、従って第二期工事の 設計においては、第一期との機能的かつ意匠的な統合を実現することによって、その実践を可能にすることが何よりも 強く求められた。 これを受け、中学校を開校した後に生徒の進級に伴って 高等学校を開校するという継起的な運営方針、可変的な学習カリキュラムに則した平面計画上の調整、及び複合的な施設使用における災害時の安全対策など様々な課題の 精査と検証を繰り返し行った。 特に意匠的には、中学校・高等学校における必要諸室の与件が必然的にもたらすことになる巨大なヴォリュームと、周辺、及び特にスケール分割による第一期の意匠との調和が不可避的な課題となり、その解法として第二期の全体を低層部と高層部に二分し、低層部においては第1期の意匠を素直に踏襲することによってファサードの一体性を確保 するとともに、高層部においては後退壁面にガラスカーテンウォールを採用することによって量感を軽減する策を開発 した。と同時に、この解法が、結果的に、普通教室を低層部に、特別教室を高層部に集約するという、明快な空間構成 を導くに至った。 素材及び色彩計画に関しては、木質系素材を基調とし、 各階毎にテーマカラーを配色するという、第一期の手法を 素直に踏襲している。 “Learning Plaza”と名付けたところの個別学習や共同作業のための広やかなフリースペースや、屋上に設置した大型天体観測ドームなど、様々なアイデアの具体的結実であるところのこの建築との日々の交感が、和のこころを備え、 リーダーシップ豊かでたくましい生徒を育むことになれば、 設計者としてこれ以上の喜びはない。

所在地
規模
敷地面積
建築面積
延床面積
竣工年
用途
: 大阪府藤井寺市
: 地上8階
: 31,664m2
: 2,368m2
: 12,961m2
: 2014
: 中学校、(高等学校)

©Nacasa&Partners

©Nacasa&Partners

©Nacasa&Partners

©Nacasa&Partners

©Nacasa&Partners

©Nacasa&Partners

©Nacasa&Partners

©Nacasa&Partners