Shin Takamatsu Architect and Associates Co.,Ltd. 株式会社高松伸建築設計事務所

台湾ツインタワー
ブラック・パール

計画地は、IT、バイオ関連企業が集積しつつあるところの台北市北部の開発区域の一画であり、ゆるやかに屈曲する大河に面している。周辺には「軽さ」や「透明性」や「開放性」を基調にした建築群がひしめいており、それぞれに個性をことさらに主張しつつも、全体的にはとりとめのない風景に埋没するという開発区に典型的な状況を呈している。厳しい法規制とこのような現況を踏まえつつ独自の建築的存在を戦略的に確立すべく、迷うことなく「閉鎖性」と「重さ」を意匠の基調とすることを選択した。漆黒のガラスに覆われた鈍いプロポーションの造形はその戦略を素直に展開した結果である 。低層部の直線は区画割りのグリッドに対応し、上層部の曲面は大河の湾曲に対応している。この輝く黒い物体(オブジェ)をクライアントは「Black Pearl」と命名した。

所在地
規模
敷地面積
建築面積
延床面積
竣工年
: 台湾 台北市
: 地下5階 地上12階
: 6,671m2
: 3,669m2
: 58,675m2
: 2002