Shin Takamatsu Architect and Associates Co.,Ltd. 株式会社高松伸建築設計事務所

京都簡易保険新型健康増進施設

郵政省管轄の簡易保険事業団が京都に健康増進施設を建設することを決定し、プロポーザル指名設計競技を実施した結果、我々を設計者として特定した。同事業団は、既に全国で同種の施設を十数ヶ所建設運営しており、提示されたプログラムは、ほぼ定式化されたものであり、それを踏まえつつ、地域のニーズに沿って調整することが設計者に求められていた。プログラムは、大きくは会議研修ソーン、宿泊ゾーン、健康増進ゾーン及び管理ゾーンによって編成されている。なお、健康増進ゾーンはプール、トレーニングジム及び大規模なスパから成るものである。事業団とともに地域の特性を綿密に検討した結果、旧三条商店街との連携による地域活性化を促すべく、中央に三条通りから通り抜け可能なアトリウムを設けるとともに、アトリウム内に店舗及び飲食店舗を誘致する地域振興ゾーンを新たに導入することとした。実施案の構成は、定型のプログラムにおけるゾーニングシステムに新たな地域振興ゾーンを加えたダイアグラムを、極めて直接的に反映している。即ち地下1階から各ゾーンを各階毎に単純に積層するというものである。ただし、健康増進ゾーンと他のゾーンとの機能的かつ運営上の相違を考慮し、5階を一層分ルーフガーデンとし、健康増進ゾーンをその中空に持ち上げるアイデアを開発した。加えて、この浮遊する健康増進ゾーンを支える末広がりの特異な構造(フラワー・ストラクチャー)を導入した。このある意味唯一オリジナルな創意によって、アトリウム内に自然光を導くことが可能になるとともに、なによりも複合施設にふさわしいダイナミックな空間が誕生することになった。

所在地
規模
敷地面積
建築面積
延床面積
計画年
: 京都府 京都市
: 地下2階 地上7階
: 14,714m2
: 7,474m2
: 30,000m2
: 1999